食感命 ほぼグミブログ

肉球型グミ (Cat paw gummy Dog paw gummy) 【キャメル珈琲】

f:id:foodtexture-life:20190210141041j:plainf:id:foodtexture-life:20190210141129j:plain
Cat Paw Gummy Dog Paw Gummy




グミは癒しの象徴。食感男です。

肉球型グミの紹介記事を書きます。猫の肉球グミ、犬の肉球グミの2種類を紹介します。猫の方はヨーグルト味、犬の方はコーラ味です。 猫の肉球グミは2月22日の猫の日に向けて、ということで去年もKALDIで販売していた(らしい)です。 本物の肉球のようでプニプニしていて、見て癒され、触って癒され、食べて癒されの一品です。

f:id:foodtexture-life:20190210142120j:plainf:id:foodtexture-life:20190210141146j:plain
グミの中身 左:Cat paw gummy 右:Dog Paw gummy


今回からは日本グミ協会さんが使っている(最近見ないような・・・?)指標についてもレーダーチャートを作ってみました。日本グミ協会さんのものは食感だけでなく、食感・味・香りなどの全てが含まれたものですね。そこに勝手にヒールドルックスという項目を足しています。私はパッケージやグミそのものの見た目でもグミに癒されているので、癒される見た目=ヒールドルックス(heeled looks)ということで項目をつけてみました。五感全てを使ってグミを楽しもう!ということで。あ、聴覚は項目になかった・・・咀嚼音を楽しむ、というレベルまでは私は到達していないようです。グミ、奥深し。グミ、すげぇ。




食感の感想

まずは味や香り抜きの純粋な食感のみの感想です。
触った感じでは結構ふわふわしているのですが、食べてみると意外とかたいような気がします。べたつき感は果汁グミよりも少ないですね。




全体の感想

次に日本グミ協会さんで使っている項目に私が勝手にヒールドルックスという項目をプラスして作った私のグミの好みのレーダーチャートです。ヒールドルックスとはその名の通り見た目で癒されるか否か、です。グミは癒しの象徴。食感男です。


レーダーチャートの詳細は下のページをご覧ください。
グミの感想可視化レーダーチャートについて - 食感命 ほぼグミブログ



ざっくりと書くと、味と香りはビミョーですが、食感・ゼラチン感はgood。そして見た目はvery goodなグミでした。

  • ファーストバイト(First bite):
  • セカンドバウンディング(Second Bounding):
  • ゼラチンタフネス(Gelatin Toughness):
  • フルーツテイスト(Fruit Taste):
  • アフターフレイバー(After Flavor):
  • ヒールドルックス(heeled looks):

※保存方法・気候などによってグミの状態は変化します。あくまでこの記事を書いている時の、私の感じた感覚です。ちなみに、新品のグミを買い、食べて書いています。


体質によってはお腹がゆるくなることがあるので、一度に食べるグミの量はほどほどに!

商品紹介

  • 値段:197円(税抜き)

  • 購入店舗(京都市の情報です):KALDI

f:id:foodtexture-life:20190210141059j:plainf:id:foodtexture-life:20190210141133j:plain
成分表示 左:Cat paw gummy 右:Dog Paw gummy