食感命 ほぼグミブログ

うんちくんグミ 【トモエ物産】

※記事の性質上、うんちうんち書いてます。うんちが苦手な人はご注意ください。当たり前ですが、本物のうんちは登場しません。うんちくんはあくまで空想上のキャラクターです。よろしくお願いします。





うんちくんグミ
うんちくんグミ




グミは癒しの象徴。食感男です。うんちについて、もとい、うんちくんグミを食べた感想を書きます。みんな大好きうんちくん。なんとも愛らしい見た目です。 駄菓子屋さんでたまに見かけるうんちくんグミ。うんちくんキャンディもありました。うんちくん。初めて買ってみました。ネットで調べると、ジャック製菓さんもうんちくんグミを出しているそうですね。そちらは見かけたことがありません。うんちくん大人気。いつから駄菓子屋さんで売っているのでしょうね。私は割と都会の方で生まれ育ったので、子供の頃の駄菓子屋の記憶はほぼないですが、結構前からあるのでしょうか。知っている方いらっしゃればぜひ教えてください。駄菓子屋さんに行ったことはあまりないのに、なぜか懐かしくなる駄菓子屋さんのあの感じ。不思議な空間です。そんな懐かしの空間の片隅にうんちくん。なんとも愛らしい存在ですね。



あたりつきです。うんちくん。"写真ではわかりにくいかもしれませんが、顔とGUMIという文字が書いてあります。シートにくっついているシートグミというやつですね。昔ながらのグミって感じがすごく良いですね。

うんちくん
写真ではわかりにくいかもしれませんが、顔とGUMIという文字が書いてあります。




食感の感想




ここからはグミを食べた感想を書いていきます。まずは味や香り抜きの純粋な食感のみの感想です。全体的なざっくりとした感想としては、シートグミ特有のべたつき感が私は好きです。べたつくけれども不快ではない。なんとも心地の良いべたつき感。グミって感じの弾力はなく、柔らかく口の中でくずれやすい感じの食感です。こどもにも食べやすそうでいいですね。


例によってレーダーチャートを作り、6つの項目で、5段階評価してみました。 レーダーチャートの詳細は下のページをご覧ください。
グミの感想見える化レーダーチャートについて - 食感命 ほぼグミブログ

  • 硬さ:
  • 弾力:
  • べたつき:
  • 口溶け:
  • もろさ:
  • ざらつき:

食感の可視化レーダーチャート(うんちくんグミ)
食感の可視化レーダーチャート(うんちくんグミ)


※保存方法・気候などによってグミの状態は変化します。新品のグミを買い、食べて書いています。もちろん私の体調や気分などでも感覚は多少変わります。あくまでこの記事を書いている時の、私の感じた感覚を数字にしてみましたって感じのものです。




トータルの好み




次は、食感だけでなく、トータルの好みです。私はとにかくまずその見た目に惹きつけられました。うんちくん。かわいい。癒され度MAX。自分の中にある少年心をくすぐられます。こういう感覚は徐々に薄れるのかもしれませんが、たまに思い出したいですね。子供だけでなく、日々仕事に追われ、少年心を忘れてしまっている男性方にもぜひ食べて欲しいグミです。駄菓子特有の懐かしさ、シートグミ特有の心地の良いべたつきを求めているときにオススメです。うんちうんち、何回うんちと書いたでしょうか。数えきれないうんち。

レーダーチャートの詳細は下のページをご覧ください。
グミの感想見える化レーダーチャートについて - 食感命 ほぼグミブログ


  • ファーストバイト(First bite):
  • セカンドバウンディング(Second Bounding):
  • ゼラチンタフネス(Gelatin Toughness):
  • フルーツテイスト(Fruit Taste):
  • アフターフレイバー(After Flavor):
  • ヒールドルックス(heeled looks):



総合的な好みのレーダーチャート(うんちくんグミ)
総合的な好みのレーダーチャート(うんちくんグミ)


※保存方法・気候などによってグミの状態は変化します。ちなみに、新品のグミを買い、食べて書いています。もちろん私の体調や気分などでも感覚は多少変わります。あくまでこの記事を書いている時の、私の感じた感覚を数字にしてみましたって感じのものです。



体質によってはお腹がゆるくなることがあるので、一度に食べるグミの量はほどほどに!

商品紹介

  • 値段:14円(税抜き)

  • 購入店舗(京都市の情報です):1丁目1番地(京都イオンモール内)



成分表示など
成分表示など